Logo Allmyblog
Logo Allmyblog
Lien de l'article    

CHERRYCHAN928

「さて、今回のミスターはこの五人となります!投票用紙に誰か一人の名前を書いて、投票して下さい!投票は今日中となります!!投票結果は明日の後夜祭で発表します」何事もなかったかのように司会をする会者。サキカはレイトが心配だったが、始終苦笑いである。「野郎どもが退場します。拍手で送りましょう。……野郎ども、退場!!」観客から拍手があがる。出てきた時と反対に、今度はエイティルから退場していく。サキカは一番最後であったが、女子生徒から「サキカ君~!」と見送りの言葉を貰い、嬉し気に手を振っていた。それにより、更に観客が騒がしくなったのは言うまでもない。「お待たせいたしました。ムサい男どもの紹介が終わりましたので、美女達を紹介いたしましょう!」女子生徒がステージに登場する。サキカはそれをステージの袖で眺めていた。「ねぇ……」ガイアに話しかける。「どうした?」ガイアは問い返した。サキカは少し不安気な、心配そうな顔をしてガイアに尋ねる。「レイト、大丈夫だよね……?」サキカはレイトが心配だったのだ。ガイアは少し笑い、サキカの頭を撫でた。「大丈夫だろ」それはサキカの不安を和らげた。「だよ、ね……」サキカは少し笑みを返した。.
Contacter l'auteur de ce blog

5 DERNIERS ARTICLES
-   ──たとえ、頭部に衝撃を受けた
-   セネルがちらりと、体毛と同色の
-   サキカが僅に目を伏せれば、ユリ
-  となれば、こちらのようすが観客の
-  ──血を流すために浅く切った
Sommaire

CALENDRIER
LunMarMerJeuVenSamDim
01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
262728293031
<< Mars >>

BLOGS FAVORIS
Ajouter cherrychan928 à vos favoris
  「自分のためだけに戦っている?  Alerter l'administrateur Recommander à un ami Lien de l'article 

  「自分のためだけに戦っている? それは嘘じゃろう?」ゼウスは口の端をつりあげて笑う。「ならばなぜ御主は、オリオン殿を助けに向かった?」――その理HKUE 傳銷は簡単だ。「……血の繋がった父親を助けたかっただけです。結局は自分のため――」「――ならば!」自分のためでしかない。その言葉を言おうとしたサキカを、ゼウスが強い口調で遮った。「ならば、なぜ! 軍の兵士までもを救った!? ……御主にはそれをする必要はなかったじゃろう」――死にゆく軍の兵士。赤黒く染め上げられた大地。蠢くのは、魔物の大群。(なぜ…………、なぜ僕は兵士を救った……?)――答えは簡単だ。「………………兵士を、……皆を、救いたかったから」――――苦しむ人々を見ていられなかった。自分に救う力があるのならば、助けたかった。戦場から遺品を持ち帰り、親族を探してそれを手渡したときに言われた言葉と、親族の涙。『わざわざ主人を連れて帰ってきてくださって……、ありがとうございます。……本当にありがとう、ございます……』泣きながら、悲しみに染まった瞳で、ある親族はサキカにこう告げたのだ。兵士を助けられなかったサキカを責めもせず、ただ礼を告げたのだ。兵士たちには、帰る場所がある。死んでしまえば、悲しむ人々がいる。――その悲しみを、少しでも減らしたい。それがサキカの戦う意味――……存在意義だ。「……思い出したようじゃの、戦う意味を。御主が魔物や人の命を絶つ理由を。さだめなど気にする必要はあらぬ。御主が戦えば自ずと――――」――達成される。ゼウスはその言葉を口にはせず、姿を消した。.

  Aucun commentaire | Ecrire un nouveau commentaire Posté le 25-04-2018 à 04h21

 「さて、今回のミスターはこの五人となります!投票用 Alerter l'administrateur Recommander à un ami Lien de l'article 

「さて、今回のミスターはこの五人となります!投票用紙に誰か一人の名前を書いて、投票して下さい!投票は今日中となります!!投票結果は明日の後夜祭で発表します」何事もなかったかのように司会をする頭髮再生会者。サキカはレイトが心配だったが、始終苦笑いである。「野郎どもが退場します。拍手で送りましょう。……野郎ども、退場!!」観客から拍手があがる。出てきた時と反対に、今度はエイティルから退場していく。サキカは一番最後であったが、女子生徒から「サキカ君~!」と見送りの言葉を貰い、嬉し気に手を振っていた。それにより、更に観客が騒がしくなったのは言うまでもない。「お待たせいたしました。ムサい男どもの紹介が終わりましたので、美女達を紹介いたしましょう!」女子生徒がステージに登場する。サキカはそれをステージの袖で眺めていた。「ねぇ……」ガイアに話しかける。「どうした?」ガイアは問い返した。サキカは少し不安気な、心配そうな顔をしてガイアに尋ねる。「レイト、大丈夫だよね……?」サキカはレイトが心配だったのだ。ガイアは少し笑い、サキカの頭を撫でた。「大丈夫だろ」それはサキカの不安を和らげた。「だよ、ね……」サキカは少し笑みを返した。.

  Aucun commentaire | Ecrire un nouveau commentaire Posté le 26-04-2018 à 01h19

  「すみません、皆さん、今使用人に Alerter l'administrateur Recommander à un ami Lien de l'article 

 「すみません、皆さん、今使用人に選ばせますので、少々お待ちください。なお、ここに今いる使用人は皆オルス語が話せますので、何かご希望等がありましたらお気軽にお申し付けください」HKUE DSE 畢業突然拙いながらにオルス語を話した冬也に、生徒たちは驚きをあらわにしたが、冬也は皇子だからと、ガイアがジパング語を話せることについてと同じように納得したようだ。「えぇと、ありがとうっス、皇太子様」レイトはなれない敬語と共に頭を下げた。「ねぇ、彼……、咲夜の友達だよな?」冬也がジパング語で確かめるように聞いてきたため、サキカは頷いて肯定する。すると、冬也は何故か笑顔になり、レイトにオルス語で訊ねた。「名前を教えてくださいますか。わたくしは皇 冬也です」「うぇえっ!? え、えと……」レイトは戸惑ったようにサキカを見た。皇子である冬也に親しげな笑顔と共に話しかけられるとは、思ってもみなかったらしいかった。「……身分については気にしなくていいよ。冬也は俺の親友であり義兄弟だから」「えぇ!? ぎ、義兄弟っ」驚愕の声と共に一歩後退るレイト。しかし、冬也が悲しそうに表情を歪めたのを見て、慌てて名乗る。「る、ルシファ・レイトナールっス! さ、サキカとは友達で、……えぇと、れ、レイトと呼んでほしいっス!!」緊張をしているのか、レイトの無駄に力がこもった声に、冬也は目を白黒させた。.

  Aucun commentaire | Ecrire un nouveau commentaire Posté le 05-05-2018 à 07h37

  赤々とした舌が、妙に鮮やかに見え Alerter l'administrateur Recommander à un ami Lien de l'article 

 赤々とした舌が、妙に鮮やかに見えた。──致し方ない。魔法のみで戦えるほど、弱い相手ではないのだ。奴がこちらの正体に気がつく前に、どうにか隙をつこうとしたが無HKUE DSEであったようだ。奴はこちらを侮っていながら、隙を見せることはしなかったのだ。後にはもう、引くことができない。この場に、奴と張り合える者は、自分以外にはいないのだから。「────【黒アゲハ】」久々に略称で喚んだそれは、サキカの右手にしっかりと馴染む。風に靡く、黒い飾り紐。鞘から解き放てば、その刀身も漆黒。鳳蝶の刺繍が施された鞘を仕舞い、黒い刀先を奴に向けた。「なっ……」ラフィアの見開かれた目が、こちらの正体に全く気がついていなかったことを示していた。「総、帝……様」背後から聞こえていた声は、聞き間違えようもなく彼──レイトのもの。サキカの本当の姿を目にしても、彼は友人のままでいてくれるだろうか。そんな不安が、サキカの脳裏を一瞬だけ駆け抜けた。だが、今はそんなことなど、考えてはならない。奴が呆然としている間に“ボックス”から銀のそれを取り出す。月明かりに輝くそれは、総帝である証。いくら呆然としているといっても、斬りかかったりすれば奴は瞬時に我に返っていただろう。ならばとその時間を無駄にせぬように、これを取り出したのだ。.

  Aucun commentaire | Ecrire un nouveau commentaire Posté le 25-06-2018 à 19h06

  ──血を流すために浅く切った Alerter l'administrateur Recommander à un ami Lien de l'article 

 ──血を流すために浅く切った薬指の傷の血は、もう完全に止まっていた。刀を左手に持ち直し、イヴを一瞥してから走り出す。途中、ファスナーが下りていたことを思いだし、口元HKUE DSE 學生で引き上げた。「貴方様は……──」口を開いたイヴにちらりと目を向けると、彼女の青い瞳がこちらに向けられていた。「──裏の仕事も、なさっていたのですね」総帝が裏の仕事をしていることを知る者は、サキカが総帝であることを知る者の数よりも少ない。「……えぇ。皆様では手に負えない犯罪者もいますから」サキカの元に任務として回ってくるそれは、幾人の者が挑んでも処理できなかった仕事のみ。「……貴方様には向いていないでしょう?」──サキカが犯罪者とはいえ、人を殺めることを嫌がっているのに、彼女は気がついていたのだ。「──向いていようが、いなかろうが、俺にしかできない仕事はあるのですよ」サキカは総帝だ。最強を意味する立場についているのである。サキカに回ってくる仕事は、サキカにしかできないのだ。「…………それでも、貴方様は──」──その後に続く言葉を、サキカは聞こえなかったふりをした。魔力の塊に近づいていく。途中、身体強化をしたサキカとイヴが、それを目で見ることができるようになるまでには、そう時間はかからなかった。校庭の中央に広がるそれ。膨大な面積をしようして、何者かの手によって描かれたそれは、──巨大な魔方陣。.

  Aucun commentaire | Ecrire un nouveau commentaire Posté le 27-06-2018 à 12h08


|<< | 1 |  2  >>> >>|


SYNDICATION
 
Fil RSS 2.0
Ajouter ΰ NetVibes
Ajouter ΰ Google
Ajouter ΰ Yahoo
Ajouter ΰ Bloglines
Ajouter ΰ Technorati
http://www.wikio.fr
 

Allzic en direct

Liens Commerciaux
L'information à Lyon
Retrouvez toute l'actu lyonnaise 24/24h 7/7j !


L'information à Annecy
Retrouvez toute l'actu d'Annecy 24/24h 7/7j !


L'information à Grenoble
Retrouvez toute l'actu de Grenoble 24/24h 7/7j !


Application Restaurant
Restaurateurs, demandez un devis pour votre application iPhone


Fete des Lumiθres
Fête des lumières : vente de luminaires, lampes, ampoules, etc.


Diffuseur
Acheter un diffuseur d'huiles essentielles

Votre publicité ici ?
  Blog créé le 14-04-2018 à 12h17 | Mis à jour le 21-07-2018 à 10h19 | Note : Pas de note